GoogleアドワーズとFacebook広告

0
    こんにちは

    今日は先日お話ししたカスタマーアクイジション・スペシャリスト
    で得た知識のうち、GoogleアドワーズとFacebook広告についてお話しいたします。

    まず、GoogleアドワーズとFaceBook広告の違いは

    一番大きな違いは

    Googleアドワーズは
    キーワード検索している人、つまり積極的に解決策を探している人に対して行う手法

    Facebook広告は基本インタラプション・マーケティングなので、相手がソーシャルメディアで活動をしている最中に割り込むマーケティング手法であるという事です。


    Googleアドワーズはその時点で問題を認識している人、Facebookは相手の手を止めさせて割り込みをかけて、問題を認識してもらうもしくは思い出してもらう広告なので、当然訴求ポイントが変わります。

    ただ、Facebook広告が従来のインタラプション・マーケティングと違うところは細かくターゲティング設定ができるとこです。
    その人の性別、住所、年齢、趣味、影響を受けているサイト、などに絞り込む事ができます。

    そして、Facebook広告はリードゼネレーション(行動ターゲティング)の場合の広告とリターゲティングの広告では内容を変える事が可能です。ここで詳細までは話せませんが、デジタルマーケター社の教えでもコピー(文章)とイメージ(画像)の比率や内容が変わっています。(同じ人に対して同じ商品やサービスを促進する広告です。)

    一度関心を示した人とそうでない人に対して、全く同じ広告を打つべきではないというのが今アメリカのネット広告では主流になっているみたいです。(実際ここまで詳細なセグメント分けができます)


    このあたりが、GoogleアドワーズとFacebook広告の違いです。


    まとめると


    「キーワードを基準にして、積極的に問題解決策を探そうとしている人が対象か、インタラプトマーケティングではあるが細かくセグメントを設定して対象とする人を絞り込むか」


    というところでしょうか


    では、また



    オク・マーケティング ホームページ



    コメント
    コメントする








       

    search this site.

    プロフィール

    ネットビジネスやオンラインマーケティング、特にアメリカで行われている手法の研究のため様々なトレーニングコースを受講し海外セミナーにも参加しました。 現在米国デジタルマーケター社よりファネル・エキスパート及びコンテンツマーケティング・スペシャリストの公式認定を受けております。 (ファネル・エキスパートの資格はデジタル・マーケター社CEOのライアン・ダイスと「地球上で最も稼ぐコンサルタント兼コピーライター」と呼ばれるフランク・カーンの黄金コンビにより作成されました。)

    リンク


    最新の記事

    カテゴリー

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    archives

    recent comment

    recommend

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM