マーケティングのマグネット(磁力)

0
    こんにちは、

    今日はマーケティング・ファネルの入り口である「リード・マグネット」
    についてお話しします。
    これはマーケティング・ファネルにおける1番最初の入り口であり、理想的な見込み客を惹き付ける強力なマグネットと考えてください。

    このリード・マグネットはコピーライティングでいうヘッドライン(見出し)とメールアドレスと交換に相手に渡すコンテンツで形成されます。

    まずあなたの理想的なお客様をイメージしてください(できるだけ詳細に)
    性格や現在の仕事や収入とか趣味とか、どんな事が悩みか、どんな事を望んでいるか相手を詳細にイメージできるように絞り込んでください。

    この手法はアメリカでは「マーケティング・アバター」と呼ばれています。

    マーケティング・アバターが出来上がったら、その人だけが好むコンテンツを作成します。
    (その人だけです、みんなに受ける事は考える必要はないです。)

    作成のポイントですが、入り口部分のはコンテンツは以下の要素を満たす事が望ましいです

    ・超具体的である事
    ・5分程度で相手が消費できる事
    ・効果に即効性が期待できる事

    相手は忙しいですし、多くのコンテンツが巷には溢れています。
    入り口部分で数回のビデオコースはあまり望ましくありません。
    デジタルマーケター社の調べでも1回目のビデオが1番再生回数が多く、だんだん再生回数は下がるとの事です。
    (この手法すでにあなたを認識している人向け、そして大型商品や高額商品のローンチには適した方法です)

    まず、あなたを知ってもらい、認識してもらうためにはできるだけ早く、理想を言えばその日のうちに成果を体感してもらう事が大切です。
    また、その後速攻で低額商品のオファーを行い、まずはあなたの顧客になってもらう手法もあります。
    (一度顧客になった人はその後にローンチ等の高額商品オファーを行った場合20%-60%成約率が高くなる事もデジタルマーケター社の調査で出ています)


    そしてもう一つ重要なポイントはメール・アドレスと交換してもらう事です。
    この事により、メールマーケティングのキャンペーンやローンチの対象となります。
    (低額オファーの商品をすぐに買わなかった人にもフォローキャンペーンを行う事ができます。)

    ここで、入り口部分のコンテンツの話にもどりますが、一つに絞るのは難しく感じる方もいらっしゃると思います。
    当然そうだと思います、ここは何種類か用意しても構いません。(マーケティング・アバターも複数人いて構いません)むしろフランク・カーンなどはそうする事を進めています。
    何種類か作成してテストを行い、コンバージョン率を計測するのが良いでしょう。


    そしてコピーのヘッドライン部分はコピーライティングの本を読むなどして作ります。簡単な例をあげとくと

     ”○○の成果をあげる3種類のアイディア” とか ”○○する事なしに○○が出来るようになる方法”

    など具体的な見出しが良いです。

    このコピーとコンテンツの組み合わせが「リード・マグネット」となります。


    ではまた














    コメント
    コメントする








       

    search this site.

    プロフィール

    ネットビジネスやオンラインマーケティング、特にアメリカで行われている手法の研究のため様々なトレーニングコースを受講し海外セミナーにも参加しました。 現在米国デジタルマーケター社よりファネル・エキスパート及びコンテンツマーケティング・スペシャリストの公式認定を受けております。 (ファネル・エキスパートの資格はデジタル・マーケター社CEOのライアン・ダイスと「地球上で最も稼ぐコンサルタント兼コピーライター」と呼ばれるフランク・カーンの黄金コンビにより作成されました。)

    リンク


    最新の記事

    カテゴリー

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    archives

    recent comment

    recommend

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM