コンテンツ・マーケティングの目的意識

0
    こんにちは

    今日はコンテンツ・マーケティングの目的意識についてお話いたします

    コンテンツ・マーケティングの目的意識とは

    「なんのためにコンテンツ・マーケティングを行うのか?」を意識するという事です。


    また目的意識を持つためには

    「マーケティング・ファネルのどの位置に対するコンテンツ・マーケティングなのか?」
    「どのKPIを向上させるための
    コンテンツ・マーケティングなのか?」

    を理解しておく事が必要になります。


    「マーケティング・ファネルのどの位置?」「どのKPI?」を的確に判断できるようになるためには、

    トップ・ファネル

    ミドル・ファネル

    ボドム・ファネル

    のマーケティング・ファネルの構造とそれをを推進していく過程における、自社のビジネスのKPI(指標)を明確にしておく必要があります。

    KPIの例をファネルの構造ごとに列挙してみますと

    トップ・ファネルに対するKPI
    ・オーディエンス・ビルディング
    ・ソーシャルメディアのファンやフォロワー数の増加

    ミドル・ファネルに対するKPI
    ・リスト・ビルディング
    ・顧客獲得

    ボトム・ファネルに対するKPI
    ・頻繁な購入
    ・リテンション率


    等々が挙げられると思います。


    もちろんKPIに関しては他にもあるでしょうし、「トップ・ファネルとミドル・ファネル」、「ミドル・ファネルとボトム・ファネル」では重複するケースもあります。


    大切な事は、自分のビジネスのマーケティング・ファネルをしっかりと構築して、構造を理解し「自社ビジネスの個々のKPIを向上させるためのコンテンツは何か?どうあるべきか?」を考えた上でそれを達成するための最適なコンテンツを作成する必要があります。

    つまりコンテンツ・マーケティングとはマーケティング・ファネルを推進していくための、

    「最適なコンテンツを」
    「最適な場所で」
    「最適なオーディエンスに対して」


    発信していくという事なのです。



    このために、コンテンツ・マーケティングは

    「マーケティング・ファネルのどの位置に対するコンテンツ・マーケティングなのか?」
    「どのKPIを向上させるための
    コンテンツ・マーケティングなのか?」

    といった目的意識を持った上で、行う必要があるという事です。


    ではまた


    米国デジタル・マーケター(Digital Marketer)認定エキスパート&スペシャリスト
    オク・マーケティング ホームページhttp://www.oku-marketing.com




    コメント
    コメントする








       

    search this site.

    プロフィール

    ネットビジネスやオンラインマーケティング、特にアメリカで行われている手法の研究のため様々なトレーニングコースを受講し海外セミナーにも参加しました。 現在米国デジタルマーケター社よりファネル・エキスパート及びコンテンツマーケティング・スペシャリストの公式認定を受けております。 (ファネル・エキスパートの資格はデジタル・マーケター社CEOのライアン・ダイスと「地球上で最も稼ぐコンサルタント兼コピーライター」と呼ばれるフランク・カーンの黄金コンビにより作成されました。)

    リンク


    最新の記事

    カテゴリー

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    archives

    recent comment

    recommend

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM